活動日誌・お知らせ

2016年12月30日(金) 今年の終いキンカン行動+おぜんざい

30日、今年最後の終いキンカン行動。

同僚の山田こうじ議員を誘って駆けつけ、みっちゃんの被り物のジュゴンを借りてコールさせてもらった(^_-)-☆。

下京原発ゼロネットのみなさんが恒例のぜんざいを振舞っていただいて、あったまりながらコールし、コールしながら3杯もいただいた。ありがとうございました。

最後の西門コールでコーラーが「来週もくるぞ、新年もくるぞ、来年もくるぞ」と締めくくった。

みなさん、一年間お疲れ様でした。来年の初キンカン行動は、1月6日の金曜日です。またお会いしましょう。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月29日(木) 年末恒例の家族カニツアー

年末恒例の丹後由良「忘れな草」カニツァーに家族で来ている。日程の都合上、今年は日帰り。

焼きガニ、カニ天ぷら、カニ鍋、カニ雑炊とカニ三昧に大満足(^_−)−☆

さっちゃん、寝返りできた(^O^)/

腹ばいした顔のアップはお母さんの小さい時にそっくり(^_−)−☆

なにしても可愛い。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月27日(火) 初の市会議員と私立高校生の違憲交換会

27日、年の瀬も押し迫る中、市会改革推進委員会の初めての試みとして京都市会議員と市立高校生徒の意見交換会が開かれた。高校生に京都市会と議員の存在と活動を身近に感じてもらい、政治参加と投票率の向上を図るために企画されたもの。テーマは観光政策。

しかし、グループディスカッションとまとめ報告を聞いていると高校生の水準の高さに驚いた。現状の分析、問題点の整理、解決の提案、さらに素晴らしいスピーチ力に脱帽し感心するばかり。

一転して議場で議員への質問コーナーでは「同じ会派内でライバルは?」「選挙で落ちたら生活は?」「議場のヤジは?」など素朴な質問も出されて少しほっとした。

私が閉会のあいさつをさせてもらって、「若者の政治離れとか政治的無関心とか言われているが、みなさんは希望の光。憲法の5原則には地方自治がある。地方自治を支えるのは住民自治と地方議会であり、地方政治と地方議会は「民主主義の学校」と呼ばれている。住民に最も身近な地方議会をこれから支えるのが若いみなさん。選挙年齢の引き下げに伴い、主権者としてのみなさんにますますの政治参加と選挙での投票に期待したい。二回目の意見交換会をしましょう」としめくくった。

いやはや、気持ちのいい勉強になった意見交換会だった。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月26日(火)・27日(水)  消防団の年末特別警戒を激励に

今年も消防団年末特別警戒が始まり、今日から激励に浜田府議、玉本市議と回っている。一日の仕事を終えて8時に集合して11時過ぎまで活動される分団員の活動には頭がさがる。

行く先々で地域の要望や分団活動の悩みなどいっぱい出されて勉強になっている。

夜回りの拍子木やパトロールのマイクの音がうるさいと言われたり、若い分団員の確保ができていない悩みなど出されて、住民とのコミニュケーションや行政の支援が求められることを実感している。

各分団での特徴は湯茶の接待にも表れている。
普通のお茶、昆布茶、梅茶、柚子茶、レモン湯、コーヒー、など。全部飲み干したらお腹がちゃぽんちゃぽんになる。
さらに温かい蕎麦やうどんまで用意してくださる分団もあり、お腹がいっぱいになる。

写真は紫竹分団員が作った啓発グッズ。

明日も回り残している分団を回る。雨があがるように祈っている。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月25日(日) 京都発の野党・市民共闘合同街頭演説会

京都で初めての、野党共闘・市民連合合同街頭演説会に2500人の聴衆が集まった。天気も快晴、聴衆のなかには「野党は共闘」のプラカードや大横断幕、沖縄や原発のプラカードがかかげられ、いつもの共産党演説会とはだいぶ違う雰囲気。共産党の宣伝車の横に自由党ののぼりがあるのも新鮮な雰囲気。マスコミ記者も多数駆けつけた。

民進党松野衆院議員、自由党小沢一郎代表、総がかり行動実行委員会福山さんは、それぞれ自分の言葉で「過去のいきさつ、対立を理由に共闘を拒んではならない。政党は未来のために存在している」「野党共闘の目的、評価の基準は総選挙で統一候補が勝利すること」「京都1区ではこくたさんの勝利を」などこもごも訴えられた。

とても気持ちのいい演説会だった(*^_^*)

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月24日(土) こくたさんを囲むつどい100回記念、友人の泡盛バーのお祝い

衣笠・金閣地域の共産党後援会が開いている「こくたさんを囲むつどい」が100回を重ねたのを記念したつどいが開かれ、40人が参加。

私が民青の仕事をしていた頃、知り合った若者が紆余曲折を経て、先月、長年暖めてきた泡盛バーを開店した。

民商にも入会してがんばっている。そこで開店お祝いを兼ねて昨晩覗いてきた。

泡盛といえば一升瓶に湯呑、三線に踊りのイメージが強いが、この店は静かに飲めるバー形式で泡盛カクテルもある。

店は熊野神社西のテナントビルの階段上がって一階の奥にある。ぜひ行ってあげてください。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月23日(祝・金) 被爆者を励まし、励まされたつどい

23日、恒例の「被爆者を励ますクリスマス平和パーティー」に参加。共産党から一緒に山田市議、浜田府議がお祝いに駆けつけた。

今年は京都被爆2世3世の会も実行委員会に加わり多数の会員が参加して盛り上げに貢献。

実行委員長の渡辺賢治さんは「亡くなった父の後を継いで実行委員長をしています。父から入市被爆したことを聞きました。仕事は肛門科で、痔核の治療をしています。痔核の廃絶の仕事です。痔も核もなくすために闘います」と挨拶して会場から大きな拍手を受けた(*^_^*)
渡辺賢治さんは会場で2世3世の会に入会していただいた。

実行委員会からの見舞金とプレゼントが贈呈され、参加した被爆者と2世が紹介され、2世3世の世話人代表の平さんが近畿訴訟とヒバクシャ国際署名の訴えをおこなった。

京都外大のAくんが「被爆者の方とふれあい、一緒にNPT国際会議に参加して、被爆体験を語り継ぐこと、核兵器廃絶と禁止の国際条約の締結のためにがんばる」と決意を表明。ここでも核兵器廃絶のための世代継承を実感した。

二部で、うたごえやブレイクダンス、恒例の親子サンタも登場して、最後に「上を向いて歩こう」を全員合唱した。

会場で、私を息子のように可愛いがり叱咤激励してくれている原爆訴訟に勝利した小高さんに会えて嬉しかった。

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月17日(土) 宗教者との対話が盛り上がった

夕方、穀田恵二国対委員長、浜田府会議員と宗教者訪問。

まず著名な宮司さん。神社の中に招き入れていただいてお茶を呑みながら小一時間ほど歓談。カジノ解禁法、野党共闘、天皇制、北方領土、自衛隊、憲法・・・などなど次から次へと話題提供され、穀田さんがていねいに党の立場と政策を語ると「その通りですね」と話が弾んだ。京都民報とJCPマニフェストを渡すと「しっかり読ませてもらいます。がんばってください。応援してます。」と暖かい激励をいただいた。

続いてお寺の住職さん、キリスト教の牧師さんを訪問し語りあい、ここでも激励いただいた。

神様、仏様、キリスト様、宗教の違いはあっても一致する点で共同できることがよく分かる訪問行動やった(^_−)−☆

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月14日(水) 私のストレス解消策!(^^)!

14日夕方のオスプレイ事故抗議宣伝行動の怒りの訴えの冷めやらないまま、気分直しに、堀川北大路上がるにあるたこ焼きとイカ焼きを買って、孫の顔を見に行った。眠いのか、いつもの笑顔がなかったが、不機嫌な顔もまた可愛い(^_−)−☆。いやな気持ちも吹っ飛んだ。これでいいのかな?まぁ良しとしよう(*^_^*)

自宅に戻り、昨日、日吉で買った美山の猪肉で猪鍋。昆布で出汁を作り、地元商店街で買った白菜、ゴボウ、大根、エノキ、モヤシに産直の豆腐、を煮込んで、猪鍋専用の合わせ味噌で味をつけ、猪肉を放り込んで、さらに煮こんで出来上がり(*^_^*)

二つとも私の最高のストレス解消になる(^_−)−☆

(更新日:2017年01月04日)

2016年12月14日(水) 延長国会で悪法の強行を許すな! 


14日、延長国会最終日。

年金カット法案の参院本会議での採決強行許すな!と年金者組合の緊急抗議行動に北山議員と一緒に参加。闘う決意と連帯を訴えた。

夕方には、北上地区労が呼びかけた沖縄の海上に墜落したオスプレイの事故抗議行動に参加して、オスプレイ配備の撤回、沖縄の普天間基地撤去と辺野古移転反対、高江へのヘリパッド基地建設阻止を訴えた。

それにしても、機体が真っ二つに破壊された事故を、「不時着」とか「海上へ着水」と報告する米軍、日本政府。それをなんにも批判せずニュースでたれ流すNHKには怒りでいっぱいだ。

(更新日:2017年01月04日)

Page 3 of 3123