活動日誌・お知らせ

2017年7月30日(日) こくた恵二国対委員長20年を祝う

日本共産党国会対策委員長を20年務める穀田恵二衆院議員を祝うつどいが開かれ、300人を越える参加者で会場は熱気につつまれた。

つどいのテーマは「議会制民主主義の発展をめざす」だった。お祝いに駆けつけていただいたのは、自民党から自由党までの現議長・副議長から議長経験者、幹事長から国対委員長、国会議員、野中広務さん、田原総一郎さん、など多士済々。
それぞれの味わい深いスピーチはすでにフェイスブックで紹介されているので割愛する。

小池書記局長があいさつで述べた「呉越同舟」「これだけのつどいは京都でしかできない」という指摘を、体現した伊吹文明氏のスピーチだった。

伊吹氏は衆院議長の時に議会運営において少数意見の尊重をよく口にされていた。「小選挙区京都1区で8回穀田さんと戦った戦友だ。その度に穀田さんは比例近畿トップで当選してきた」「京都の共産党は蜷川府政の下とその後着実に力を蓄え、議員を増やしてきた」と語り、「昨日のイベントでも、穀田さんは明日のつどいの準備があるので私が代表してきた、と言っておいた。谷善さん、寺前さん、市田さんも人間味ある政治家だ。穀田さんは立場は違うが敬愛してお付き合いしている」とも。

リップサービスもあろうが、選挙区でしのぎを削って闘ってきた相手にこうスピーチされる穀田さんの人柄と京都の共産党の存在感を痛感するつどいだったp(^_^)q

(更新日:2017年08月01日)

2017年7月29日(土) 今年も新大宮夏まつりで盛り上がった

29日、7月の最後の土曜日は恒例の新大宮商店街夏まつり。

天気予報は夕方に雨の予報(≧∇≦)だったが、なんとか持ちこたえた*\(^o^)/*

出店はいつもの唐揚げと生ビールと枝豆。昼2時から準備を始め、五時から売り出し、終了前に完売*\(^o^)/*

途中で恒例のサンバ隊も登場し、会場の雰囲気は最高潮に。ついでに記念写真を撮っていただいた。

(更新日:2017年08月01日)

2017年7月26日(水) 他都市調査 鶴岡市の食文化創造

他都市調査二日めの午後は山形県鶴岡市の、ユネスコ食文化創造都市の取り組みの聞き取りと現地調査。出羽三山、日本海、庄内平野、酒蔵と食文化の話題に事欠かない。

話題性で言えば、食の都庄内親善大使である奥田政行さん。2000年、地場イタリアンの店「アル・ケッチアーノ」をオープン。地場の食材をふんだんに使った料理が話題を呼び、県内外からのお客さんが絶えないと言う。そこで調査のパート2としてそこで夕食をとった。

ところで、鶴岡市は京都市美術館モニュメント「空にかける階段」で話題の冨樫実さんの生まれ故郷であり、名誉市民だ。
市内には至る所に「空にかける階段」が寄贈設置されている。嬉しい話だ^_^

(更新日:2017年08月01日)

2017年7月26日(水) 他都市調査 秋田の舞妓事業

市会文化環境委員会の他都市調査。わたし的に二日めの目玉となったのは、秋田舞妓事業。

秋田市出身の28歳の女性。神奈川の大学卒業して秋田に帰り、秋田の文化と伝統がこのままでは廃れてしまうと危機感を持って一念発起して、秋田美人と秋田舞妓の伝承を図ることを考えてて4年前に会社を設立。

熱意だけではなく、行動力とプラン力がすごい。スポンサーを募り、市内都市公園の中にある明治時代建設され今は荒れ放題の老舗料亭「松下」を借り受けて国の補助金を使って改修して、拠点施設として活用。

秋田出身の5人の舞妓を正規雇用し、行政や民間のイベントに出演して人気を博している。

舞妓事業とともに、若者を巻き込んで行政のまちづくり事業にも参画して、様々な提案をおこなっている。例えば、「松下」が所在する都市公園・千秋公園を活用して四季を通じた行事をおこなうなど考えている。

話を聞くまでは分からなかったが、明るいし、しなやかさのなかに信念を貫くとても素敵な女性だった。

事業のコンセプトは、「新しい箱物に頼るのではなく、古い伝統を活かしてまちを元気にして人を呼ぶ」という。その点では、昨日視察した県立美術館に対しても批判的にクギを刺していた。

確かに街の規模は違うが京都市でもあてはまるのではないだろうか。

(更新日:2017年08月01日)

2017年7月25日(火) 今日から市会文化環境委員会の他都市調査

25日、今日から3日間、市会文化環境委員会の他都市調査。初日は秋田市の県立美術館。
京都市の美術館再整備を目前にして、公的美術館の使命、在り方、体制をしっかり学びたい。

ところで、伊丹から乗った飛行機はプロペラ機。秋田空港に着く手前で、先日の大雨で氾濫した川の泥水に浸かったたんぼを上空から見た。早く復旧、復興させて暮らしと豊かな稔りを取り戻して欲しい。

(更新日:2017年08月01日)

2017年7月23日(日) 京都1区市民と日本共産党のつどいに千人

23日、一区の市民と共産党のつどい。

一区として初の取り組み。会員いっぱいの参加者で模擬店も大にぎわい。ステージ企画もばっちり。準備された後援会役員のみなさんお疲れ様でした。

東京都議選北区で3人区で自民党に競り勝った曽根議員が駆けつけてエール交換。

つどいで嬉しい話が二つ。姉妹で参加された方が「亡くなった父は民医連でお世話になり、こんな共産党の祭りが好きでした」と父親の遺影を持って来ていただいたこと。

もう一つは、民商会員でもある50代の建築労働者が会場で党の仲間になっていただいたこと。

(更新日:2017年07月24日)

2017年7月22日(土) 白い鳩保育園夏祭りとさっちゃん

白い鳩保育園、娘が卒園して今は孫が通っている。22日、夏祭りがあり、保育園の友の会がビール販売を担当し、手伝いに行った。

ときおりお湿り程度の夕立があったものの、大した雨にはならず、ビールも樽を追加した分も含めて完売 !

途中で孫のさっちゃんが甚平姿でやってきた。

(更新日:2017年07月24日)

2017年7月22日(土) 戦争の兆しに心いたむ美術家の先品展

22日、「いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展」が中京区のギャラリー佐野で開かれており行ってきた。

昨年来の美術館問題で知り合った美術家の方が多く出展されている。

23日、夕方6時までやっている。

(更新日:2017年07月24日)

2017年7月21日(金) 暑気払いに鮎三昧

先日開いた被爆2世3世の会例会の際、世話人のIさんが翌日福井に鮎釣りに行くというのでお土産を頼んでいたら、昨晩こんな大きな鮎を届けてくれた。
天然もので、嗅ぐとほんまにスイカの香りがする。
早速、友人宅に連絡して、塩焼き、刺身にしていただいた。とっても美味しかった。ありがとうございました。

(更新日:2017年07月24日)

2017年7月21日(金) 美術館の富樫モニュメント横倒し計画に待った!

モニュメント「空にかける階段」を、現在地で再提示にむけて「検討する」ことが確認された^_^

21日、市美術館と制作者冨樫実さんらとの話し合いの下で、
①作品はいったんとりだすが、現在地で再提示する。
②時期は美術館再整備時を目標とする。
③方法はすり鉢状を基本とする。
との確認書が交わされた。

5月連休後に予定されていた10個に分割移転する案や、その後の横倒し展示案に対して、「作品のコンセプトを損なう破壊行為だ」と粘り強く反対の声を上げつづけた冨樫さん、美術関係者のみなさんの運動が京都市と美術館を動かした。

もちろん、工法や建築法令などクリアしなければならない課題が残っているし、いつも行政が使う「検討する」というものであるが、とりあえず一歩前に進んだ。

写真は、紫野高校前庭にある「空にかける階段ー03」バージョン。三条京阪に続いて発見したもの。この形の彫像をみると敏感に反応し、つい確かめたくなる。我ながらおかしい(^^♪

(更新日:2017年07月24日)

Page 1 of 8512345102030...Last »