活動日誌・お知らせ

2017年12月12日(火) 「大宮交通公園を壊すな」と電話

12日、朝出かける直前にわが家の電話が鳴った。出てみると「〇〇党の井坂議員ですね」と。「党は共産党ですが、市会議員の井坂です」と答えると、「よかった」と言って一気に話を始められた。声の様子だと40代くらい(男性)かな?

「大宮交通公園を知ってますよね。消防署の移転は絶対反対です。絶対にやめさせてください。子どもたちの遊び場であり、公園の木々や緑を絶対に切ってはいけない。ゴーカートの利用者が少ないと言っているらしいが、改修しなかった京都市の責任だ」

「阪神大震災以来、壊れた建物は現地で建て替えている。消防署もできるはず」

「私は静かな環境を気に入って交通公園の近所に引っ越してきた。それが消防署ができると車は増えるし、サイレンの音など環境が壊される。飛行場や基地の周辺で損害賠償請求がされているように、消防署ができたら訴えてやる」

「共産党とは主義主張、考え方が違うが、選挙で投票したことある。以前にライトハウスであったよくする会とかいう会合に行った。講師の話や訴えがよくわかった」

「この前、市役所に電話したら、うちは関係ない、担当違う、とたらい回しされて頭に来た。市長への手紙を出すことにした。家族ぐるみで書くつもり」

「請願とかいうのも出したいが、紹介議員がいるのなら陳情を出す。必ず返事をもらえるようにしてほしい」

「こういう問題は共産党と◯◯党に言うしかない、と思ったので電話した。がんばってくれ」

一気にしゃべられたが、思いはよくわかった。私も今年2月市会代表質問で取り上げた。陳情を待たずともがんばる勇気が湧いてきた。

(更新日:2017年12月13日)