活動日誌・お知らせ

2017年12月15日(金) 「明日へ~戦争は罪悪である」

いい映画を観せてもらった。同志社大学と京都映画センター共催で上映された「明日へ〜戦争は罪悪である」。

冒頭のシーンは2年前の戦争法強行に反対する国会前行動。

デモやシュプレヒコールに一瞬ドキュメンタリーかなと思ったが、そのシーンも取り込んだフィクション映画。

あの戦争時代に戦争に反対した反戦僧侶がいたことを初めてしつた。仏の教えは、「人を殺すな」である。時勢に流されて戦争賛美し、若者を戦地に送り出す先頭に立っていた住職がなぜ反戦僧侶になったのかが衝撃的だ。おもわず涙が溢れてしまった

(更新日:2017年12月18日)