活動日誌・お知らせ

2018年1月23日(火) 南部CC第二工場建替え工事建設現場を委員会視察

23日、文化環境委員会の実地視察で伏見区横大路にある南部クリーンセンター第二工場の建替え工事の現地を調査した。

当初想定していなかった土壌汚染対策工事により工期が約7ヶ月遅れているものの、2019年度中の稼働に向けてさらなる工期短縮を目指している。

昨年12月の委員会で、工事進捗状況の報告があり、その際に「工期遅れの回復は必要だが、無理をして事故や下請け労働者の超勤や負担増にならないように」と質疑していたので、現場でも厳しく求める声が上がった。

展望台が設置される約78mの煙突の基礎部分も身近で見て、改めて展望台の規模をイメージして無駄な施設だと実感(苦笑)。100mをこえるクレーンについては、若狭湾の原発でのクレーン倒壊による建屋損壊事故を受けて風速によって高さを調整している。

(更新日:2018年01月29日)