活動日誌・お知らせ

2018年1月25日(木) 吉祥院運動公園のグランドが芝生化!(^^)!

 吉祥院公園球技場の人口芝化が実現!!

 このたび、吉祥院公園競技場の土グラウンドが人工芝化されることになり、あわせて照明がLED化、老朽化していたクラブハウスも改築される。京都府のサッカー協会やラグビー協会が整備をおこない京都市に寄付していただくことに。感謝!(^^)!

 このグラウンドは水はけが悪く雨が降れば水たまり状態になり、私も何回か観戦したが雨の日の試合は選手は泥だらけになり、ユニフォームの色が泥色に変わるほどだった。クラブハウスも温水シャワーが自由に使えず、冬でも選手は水道水で泥を落としていた。

 来年31年には日本でラグビーワールドカップが開かれる。施設の整備は競技力の向上やスポーツ人口の底上げにとって決定的である。党議員団で現地視察し、文化環境委員会でも昨年スポーツ振興対策の一環として視察し、私もラグビーファンの一人として繰り返し改善を求めてきた。

 施設整備は大歓迎だが、心配なのは利用料金だ。きれいになり施設の価値が上がれば引き上げが予想される。中高生やクラブチームにとって利用料金は死活的問題であり、なんとか低料金を維持してほしいものだ。

(更新日:2018年01月29日)