活動日誌・お知らせ

2018年12月14日(金) 市会議員の徽章(バッジ)について

先日放送された「VOICE」で取り上げられた「議員バッジ」。共産党市会議員団の立場がカットされていましたので、経過と合わせて紹介します。

【コメント】                     
            2018年12月14日
          市会議員団幹事長 井坂博文   

毎日放送「VOICE」(12月12日放映)で、京都市会議員の徽章(議員バッジ)について放映がありました。日本共産党市会議員団の議員バッジに対する考え方を紹介します。

現在の議員バッジが22金製で高額であるのは事実です。その点に関して、京都市議会は2011年~2012年の「市会改革推進委員会」でもテーマになり、議論を続けてきました。その際、党議員団は「議員バッジは必要であるが、もっと簡易なものにすべき」と主張してきましたが、各会派の合意に至りませんでした。

京都市議会の議会運営は、全会一致の合意形成で進めることを基本にしています。そのうえで、今回、「金メッキ製のバッジに変更する」ことで各会派の合意に至りました。

党議員団は今後も市民意見を反映した議会運営になるように力を尽くしてまいります。

(更新日:2019年02月13日)