活動日誌・お知らせ

2018年4月5日(木) 紫竹小学校始まって以来の470人が参加

 北区でも選挙事務所としても文字通り最後の福山候補個人演説会が紫竹小学校で開かれた。北区全域に参加案内して、この会場では私の知る限りでは最高の470人(目標400人)の参加で盛り上がった。

 会場の設営も工夫し、紫野演説会を参考に演台を囲むように座席を並べフラッグや風船をたななびかせて、暖かい雰囲気に盛り上げた。
弁士8人のうち結果的に5人が女性という配置。アスベスト訴訟、子育て、福島からの自主避難、脱原発と多彩な話。
東京から駆けつけてくれた元衆院議員池内さおりさんの話は期待していた通りキレッキレで最高やった。

会場いっぱいの拍手に迎えられ入場した福山候補は激戦を物語ようにすっかり日焼けして、演説もますますバージョンアップしている。会場からは掛け声が随所随所でかかり、太鼓の音がなり、拍手もいっぱいかかった。

福山候補は最後の会場であり、参加者と握手して、記念写真タイムをとり、SNSで拡散をお願いした。

(更新日:2018年04月24日)