活動日誌・お知らせ

2018年6月10日(日) 大宮交通公園問題で緊急集会

10日、北区いきいきセンターで「大宮交通公園の削減にに反対し、公園の充実を願う緊急集会」が開かれ、会場いっぱいの参加があった。

5月に開かれた京都市の説明会があまりに住民と地域の声を聞かないものであり、再度の説明会開催を求める声にも応えないので開かれた緊急集会である。日本共産党から浜田府議、玉本市議、若宮元市議、北地区委員会からも参加した。

よくする会の代表からこの間の経過と基調報告があり、京都まちづくり市民会議の中島弁護士から「都市計画や都市公園法に違反し、市民の公園を民間の儲けに差し出すもの」との告発、子どもの権利を守る運動をすすめている江上さんから「子どもに最善の利益を保証するのが大人の責任」との話があった。

参加者から次々と怒りの発言、運動の提案が出され、私も公園の緑とゴーカートを守る決意と市議会での議論と市の答弁の内容を紹介して発言した。

引き続き、署名運動、宣伝行動、京都市への意見書の提出などの行動提起があった。集会が終わり、「京都市がこんなに酷いことを考えているのがよくわかった。なんとしても公園を守るためにがんばる」と声をかけられた。

力を合わせてがんばろう

(更新日:2018年06月13日)