活動日誌・お知らせ

2020年10月13日(火)「ねっとわーく京都」の休刊にあたって

「ねっとわーく京都」が来年3月号をもって休刊することになった、という知らせが飛び込んできた。
市職労の情報誌として始まり、歪んだ同和行政や、地下鉄東西線建設費の2倍膨張、歴代市長による行政改革・市民リストラプランなどを鋭い切り口で告発し、時々の市政の中心問題を取り上げてきた。
だから、市職員にとどまらず市の理事者や幅広い市民、そして党派を超えて市会議員にも愛読者が多くいる。
私も何回か取材を受け、座談会に出席したり投稿をさせていただき、資料に目を通し原稿を書く中でいろいろ勉強になった。
とっても残念だが、かたちを変えてでも復活させていただくことを強く望んでいる。

(更新日:2020年10月20日)