活動日誌・お知らせ

2020年12月18日(金)このままでは年を越せない!

このままでは年を越せない!
その悲鳴に少しは応えることができるか?
京都府と京都市が市内の酒類を提供したりする事業所や飲食店7000店を対象に、夜9時以降の時短要請に応えた事業者に対して1日4万円の協力金を交付することになりました!
期間は12月21日から来年1月11日まで、休業日を除くすべての営業日が対象になります。
申請は時短要請期間が終わった12日からという後付けであり、お店の規模によっては4万円が現状に噛み合う額かどうか意見はありますが、使えるものはうまく使いましょう。
詳しくは府と市のホームページをご覧ください。よくわからなければお気軽に最寄りの党事務所、党議員に連絡くださ。

(更新日:2021年01月12日)