活動日誌・お知らせ

2020年5月18日(月)京都市長へコロナ対策第4次申し入れ

本日、日本共産党京都市会議員団とし京都市長あてにコロナ対策に関する第4次の申し入れを行いました。

 全国的には39県が緊急事態宣言が解除される中で、京都府は引き続き今月末まで宣言が継続される一方で、京都府の休業要請の一部が緩和され営業の再開や時間延長も始まっている。街に賑わいや人出が戻りつつある。しかし、油断はできない。韓国における感染第二波の状況をみると明らかだ。

 京都市における医療崩壊を絶対に作らせない。市民の暮らしと営業を何としても守り抜く。学校再開にあたってどの子も取り残さない。その決意で申し入れを行った。

 対応した防災危機管理監は「内容を全局に伝えて応申し入れに応えたい。感染者が三日連続ゼロだが、気を抜くことなく全力をあげる」と述べられた。

 ※申し入れ全文は市議団ホームページを参照してください。http://www.cpgkyoto.jp/topic/

もっと見る

(更新日:2020年05月18日)