活動日誌・お知らせ

2020年8月27日(木)防疫を目的にした大規模なPCR検査を求める

27日、日本共産党京都市会議員団は、京都市長に防疫を目的とした大規模なPCR検査をおこなうよう求める申し入れ(第6次)をしました。申し入れ内容は議員団HPに掲載しています。

私から「診断目的の検査だけでなく、防疫目的の検査をしっかりやり、感染を封じ込める対策が必要」と求め、富樫議員から具体的に説明しました。

市の危機管理監は「大事なのは検査と疫学調査のマッチング。検査をフォローしていけるようパッケージで検討を進めている」「保健所と検査体制が最大の課題として検討している。現場の保健師のがんばりが支えている。保健所の体制を最大限大事にしたい」と応えました。

(更新日:2020年09月07日)