活動日誌・お知らせ

2020年8月29日(土) 国は「黒い雨」訴訟の控訴を取り下げろ!

29日(土).京都府委員会の会議の後、京都被爆二世三世の会で、国による「黒い雨訴訟」の控訴への抗議活動に参加。三条河原町で始めて、その後三条大橋に移動して展開。

 アメリカ政府とそれに追従する日本政府が長く認めてこなかった広範な地域で起きていた「黒い雨」による内部被爆による被害。これを認めた一審の画期的判決、原告の全員勝利に対する国の控訴は許しがたい。

 被爆二世でもある井上哲士参院議員らと一緒に私もマイクを握って「国は控訴を撤回し、被爆者と向き合い、被爆者健康手帳の交付を」と訴えた。昨日は安倍首相が突然辞任表明と記者会見したばかり。

 安倍首相の7年8か月の総括を行い、被爆者に冷たく、核兵器禁止条約に背をむける日本政府の姿勢を見直すことを求めたい。

(更新日:2020年09月07日)