活動日誌・お知らせ

2020年9月30日(水)福島生業訴訟で高裁判決。国と東電の責任を断罪

30日、9月市会本会議質問の日。休憩時間にビッグなニュースが飛び込んできました。福島原発事故の避難住民など約3600人が起こした「生業を返せ、地域を返せ」を求める福島原発訴訟。いわゆる生業訴訟の高裁判決が出ました。

 一審に続き、仙台高裁でもさらに上回る原告の勝利!上田哲裁判長は「国と東電は津波を予見することができ・・・対策をとっていれば事故を回避することができた」として、国と東電の責任を認め、約3500人に計10億円の支払いを命じる判決を下しました。

 原発を巡る集団訴訟は全国で約30件ありますが、国と東電の双方を被告とした訴訟で、高裁が国と東電の双方の責任を認める判断を示したのは初めてのことです。

 こういう判決を見ると、あの樋口英明裁判長を思い出します。
そして「司法はまだ生きている」と実感します。嬉しいです。

(更新日:2020年10月08日)