活動日誌・お知らせ

2021年3月10日(水) 予算委員会・総合企画局…核兵器禁止条約に批准する政府を

3月10日の予算委員会総合企画局質疑で、核兵器禁止条約に関連して日本政府が早急に批准・参加するよう求めて質問しました。その概要を紹介します。〇印が私です。
○2017年7月に国連総会で核兵器禁止条約が採択され、昨年12月に50カ国目が批准され、今年1月に発効され、54カ国まで広がっている。ICANによれば、批准国は今年中に70か国を越えると言われている。70カ国以上が条約に署名しているからだ。これにより、核兵器は非人道的、違法な兵器として決定づけられた。今までと質的レベルの違う段階にきている。被爆2世として核兵器禁止を繰り返し議会で取り上げてきたが、発効され感無量だ。平和行政をつかさどる局としてこの条約発効をどう受け止めているか。
(答弁→奥井総合政策室長)この間、核兵器廃絶にむけた国際世論の醸成が図られ、核兵器の非人道性が広く認識された結果が、核兵器禁止条約採択、批准国50カ国達成に繋がった。核兵器のない世界こそがあるべき姿であるという認識のもと、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現は、市民社会の総意である。
○先日の新聞報道で、亀岡市の市長さんの亀岡市議会一般質問に対する答弁について紹介されている。「日本政府が署名しないまま発効した核兵器禁止条約について、『日本は署名、批准すべきだ』と言われ、『核のない世界の実現へ歴史的に大きな一歩』とも言われた。『世界連邦非核平和都市宣言をしている亀岡市としては、日本政府が条約に署名批准していないのは大変残念。唯一の被爆国として批准、署名すべきだ』と述べた上で、平和首長会議に加盟する自治体と連携を図りながら政府に働きかける意向も示した。」とある。
改めて伺う。核兵器禁止条約に批准、署名していない日本政府に対し、市としてどのように働きかけを考えているのか。
(答弁→奥井室長)平成21年から加盟している平和首長会議がめざす核兵器廃絶及び世界恒久平和の理念は、加盟都市の総意として共有している。昨年10月24日に批准国が50カ国に達した翌月、平和首長会議から政府に対し、条約の締約国になるよう強く要請を行っている。国は「要請の内容はしっかりと受け止めたい。核兵器のない世界の実現にむけた国際社会の取り組みを始動することは、唯一の戦争被爆国である日本の使命である」との見解であり、核兵器のない世界の実現の目標は国も共有されていると認識している。
○ところが国は共有していない。日本は批准もしないし署名もしない。先日の国会では「そのつもりもない」と首相は言われている。日本政府の立場は、核兵器を持っている国と持たない国の間の橋渡し役になって核廃絶をめざすというもの。また、日本はアメリカと同盟関係にあるから、アメリカの核の傘の下で庇護されている。今回の禁止条約は、核兵器の製造も所蔵も使用も威嚇も禁止している。この禁止条約によれば、「核の傘」や「核抑止」、「橋渡し」という姿勢はあり得ない。
とりわけ日本は唯一の戦争被爆国だから、この核兵器禁止、廃絶を目指していく立場から、大変大きなウエイトを占めている。平和首長会議の一員として京都も入っているからと言われるが、亀岡の市長さんは、平和首長会議の一員であるのを前提に、日本政府に対して批准、署名すべきだと、そして、首長会議の加盟自治体と連携をはかって、国に求めていきたいと言われている。そのような立場で、京都市も言うべきではないか。
(答弁→奥井室長)引き続き、平和首長会議として要請行動に努めていきたい。
○京都市のホームページで禁止条約を検索したら、4件しか出てこない。うち2件は、我が議員団が提案した意見書で、残念ながら賛成少数で否決された。あと2件は、いわゆる核兵器禁止条約の署名を国に求めてほしいという請願・陳情だった。市長のページも検索にも出てこない。1月22日の発効の段階でも何も言っていない。総合企画局としてこれでいいのか。世界文化自由都市宣言で「世界都市は理想を必要とする」と謳っているが、歴史の大きな転換のときに、何もメッセージを出していない。亀岡の市長さんに習って、市長、あるいは京都市単体として、コメントなりを述べるべきではないか。
(答弁→奥井室長)平和都市会議は、加盟都市が165カ国地域、8019都市が加盟している。国内で1734都市が加盟し、一堂に会して国に対する取り組みを行っている。引き続きこの取り組みを行うとともに、平和の取組みを継続して取り組んでいく。
○せめて、市のホームページでメッセージを出していただきたい。首長会議の総意に基づいて、日本政府に対し一刻も早く禁止条約に批准と署名をしてほしいというメッセージと、市長から、何らかの形でコメントを出してもらうように言っていただきたいがどうか。
(答弁→奥井室長)今後、そのタイミングについては検討していきたい。
59井坂 洋子、藤本 ただまさ、他57人
コメント2件
シェア3件
いいね!
コメントする
シェア

(更新日:2021年03月19日)