活動日誌・お知らせ

2021年5月16日(日) 地域訪問して対話が弾んで・・・

日曜日、午前中は地域の訪問対話行動で日曜版読者が2人増えました。その1人は、初めて赤旗しんぶんを購読。
原発再稼働をめぐり激しく闘われた新潟県知事選挙の際に、共産党の事務所に「応援したい。電話かけたいのですが」と連絡いただいた方です。
今日の対話では「野党共闘は大賛成。4月25日の選挙結果はよかった。しかし、共産党の立ち位置はわかるが、他の野党は大丈夫か?特に京都は心配」と。そこで党首会談や全国と京都の情勢を紹介し、赤旗日曜版の紙面を示して説明。さらに斎藤幸平さんの「人新世の資本論」の話題になりコロナ禍、気候変動が進む中で資本主義の政治経済体制に対する抜本的転換に関して思いが一致して意気投合。
共産党の政策や赤旗に関して「ネットで見ているし、必要な時は近くにある共産党の事務所に買いに行っているけど、しばらく読んでみる」と購読していただきました。
実は、娘さんが水泳の世界的大会に出場する選手でオリンピックの有力候補ですが、「このままでは東京オリ・パラは無理やし、中止すべき」ときっぱり言われたのが印象的でした。
45柴野 恵子、寺元 廷美、他43人
コメント1件
シェア2件
いいね!
コメントする
シェア

(更新日:2021年05月18日)