活動日誌・お知らせ

2021年7月19日(月)敬老乗車証守れ!の座り込み行動の激励へ

梅雨明けしたとたんにうだるような暑さ!気候も暑ければ、運動も熱い。19日、京都市の行財政改革計画案に明記された「敬老乗車証制度の見直し」に反対し、撤回を求める年金者組合を中心とした座り込み行動が市役所東門前で行われ、市内各地から多数の参加者がありました。
それにしても、ゆっくりと有意義に生きていきたい高齢者の方にこの暑さのなか、座り込みをせざるを得ないような痛みを押し付ける京都市長は許せない。
同日、開会された7月特別市会には「現行の制度の継続を求める」請願5件と陳情486件出されました。数年前の消費税の増税に反対する請願に続く件数であり、市民の怒りの表われです。
さらに総務消防委員会では、改革計画案に対するパブコメに3600人から8500件の意見が寄せられたことが報告されました。
党市会議員団も連帯し、座り込み行動に激励参加し、連帯のスピーチを行いました。今後、委員会審議と市民運動を広げて何としても制度を堅持するよう全力をあげます。
さらに夕方からは、市役所前で19日行動が行われました。安保法制を撤回し、憲法を守る政治の実現へ総選挙での野党共闘で政権交代をめざす市民連合の「ゆないと京都」の駒込さんから力強いメッセージがあり、その前では立憲民主党と日本共産党の旗がたなびいていました。京都から目に見えた共闘の実現を!
51冨樫 豊、末盛博己、他49人
コメント4件
シェア2件
いいね!
コメントする
シェア

(更新日:2021年09月08日)