活動日誌・お知らせ

2021年7月4日(土)またもや梅雨前線による土砂災害!

深夜烈しい雨音に気になりつつ眠りについて、3時すぎからの断続的なエリアメールが鳴り続けている。見れば北区一円に土砂災害の警報が出ている。
やはり、心配なのは氾濫常襲地域のこと。4時過ぎに現場に駆けつけた。
紙屋川上流の開き町防災ダムからは大量の雨水が勢いよく流れ出ている、ダムの上流地域には橋を越水し裏庭に流れ込んだ跡も見えた。
鏡石南部には山腹から流れ込んだ大量の水が道路の上に流れ込んでいる。
赤坂町の山あいから谷筋に沿った箇所には、大量の瓦礫が道路上にあふれており、片付けている方に聞くと「道路が川になっていて、床下に浸水していた」と。一応、土木事務所と消防署に連絡して見に来てもらったそうだが、氾濫した土砂の片付けをしてもらうよう要請することにした。
梅雨前線による大雨と土砂災害、とはいえ気候変動による異常気象の怖さを実感している。
113玉本 なるみ、山本 道子、他111人
コメント32件
シェア4件
いいね!
コメントする
シェア

(更新日:2021年07月09日)