活動日誌・お知らせ

2022年5月8日(日)安全保障は生活に密接につながっている

赤旗しんぶん日刊紙一面の下段にある「潮流」が好きだ。共産党機関紙だからポリシーははっきりしているが、堅苦しくないのがいい❗️
8日の「潮流」は「筆者はパンが大好き。ベーカリーショップで品定めする時間は至福のひととき」から切り出し、「小麦の価格上昇が続き、パンが小さくなってきた」と嘆き、ロシアのウクライナ侵略が追い討ちをかけていると。
その上で、こう指摘している。「食糧やエネルギー価格は国際情勢に左右される・・・。ウクライナ情勢を悪用して大軍拡を叫ぶ勢力に言いたい。一つは、そんな金があるのなら物価高に苦しむ国民の生活支援に回せ!。そして。安全保障=軍拡・改憲という短絡的な発想をやめるべき。食料やエネルギーを安定的に供給するための外交努力と、先進国でも最低水準の自給率を高め、脱炭素・自然エネルギーの道を選ぶ。これこそ、日本の安全保障の最優先事項である」と。
平和か戦争か、安全保障が実に生活に密接につながっている

(更新日:2022年05月20日)