活動日誌・お知らせ

2022年6月24日(金)武山候補と街頭タウンミーティング

24日、参院選も早や3日目。夕方から白梅町嵐電駅頭で、武山彩子街頭ミーティング。武山さんのスローガンは「一人のつぶやきが政治を変える、動かす」。それにぴったりの企画が街頭ミーティングだ。
当たり前だが、選挙の主役は有権者である市民だと思う。しかし、「政治は変わらない」「誰がやっても同じ」とあきらめかけている有権者が多い。だから、街宣車で候補者が訴えるのも大事だが、一方通行でなく車から降りて有権者と双方向で対話することが求められている。マスコミ各社から取材があり、テレビカメラが並ぶなかでミーテイングが始まった。
事前に質問を募集したところ、近所に住む女性、18歳の女性、保育士さんから手が上がり、街頭に来ていただいて発言してもらい、最後は通りすがりの青年が「実は福山さんか武山さんかどちらに入れようかと悩んでいる。一番の関心は気候危機、解決の道筋を示してほしい」と。
これらの質問や意見は当然、事前に武山候補には伝えていない。まさにガチトーク。武山候補が明快にかつ分かりやすくスピーチ。身内をほめるのもなんだが、実にすばらしい候補者だ。
トークの最中、足を止めて聞き入っていただいた方が何人もいて、トークが終わってもミーティングを続ける姿があった。
取材のマスコミ記者も「いい取り組みですね」と語ってくれた。
49加藤 あい、若宮修、他47人
コメント2件
シェア5件
いいね!
コメントする
シェア

(更新日:2022年07月08日)