活動日誌・お知らせ

2018年7月1日(日) 関西広域連合議会7月臨時会で一般質問

7月1日、関西広域連合議会7月臨時会が開かれ出席し、一般質問に立った。質問のテーマは①6月15日に法施行された民泊新法による現状と課題への認識、②国のエネルギー基本計画策定を前に原発と再生可能エネルギーへの対応、③米軍Xバンドレーダーとドクターヘリ飛行問題、の三点。

答弁では観光担当の山下委員(京都府副知事)が「法律は施行されたが地域の実情に応じて自治体ごとの対応が求められている」「違法民泊は絶対に許さない。根絶するために国に財政措置を要請する」と述べたものの、私が求めた「トラブルや事故回避のために家主常駐か宿泊客いる間の管理人常駐」に対しては答弁を避けられたのは残念。

エネルギー基本計画に対して、連合長は「原発の稼働に関する判断は国の役割であり、広域連合は判断できない」と答弁を避け、「再生可能エネルギーは地域経済にとって重要であると考える」との認識にとどまる答弁だった。

Xバンドレーダーが停波せずドクターヘリ運行に支障をきたしたことについて、防災医療担当の飯泉委員(徳島県知事)が「2014年に停波する合意をして訓練を繰り返してきている。ドクターヘリ運行の主体であり、権限を持っている広域連合として非常に遺憾である」と怒りを込め、「京都府が防衛省と米軍に抗議し、明日(2日)に関係者による事故検証会議を受けて適切に対応を図る」と述べた。対応を注目したい。
 「米軍基地があるがゆえに住民の安心と安全が脅かされている。米朝会談と合意により朝鮮半島情勢が劇的に変わろうとしている今、米軍レーダー基地の設置目的と存在意義が問われている。基地の撤去を含めた検討を」と強く求めた。

なお、この臨時会で先日の大阪府北部地震対策に関して国に、連合委員会は緊急要望を、連合議会は意見書を全会一致で採択した。

臨時会が終わったのは7時を回っていた。さすがお腹も減ったので京橋で定番の「二度づけ禁止」串カツを京都市メンバーで腹いっぱい食べて大満足

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月30日(土) いま、京都民報がおもしろい

京都民報の今週号は来春の統一地方選挙に向けた見開きで、党府会議員団と京都市会議員団の実績と党議席の値打ちを特集している。

府会は前窪団長、市会は私がインタビューに答える形式で編集されている。手前みそではないがなかなか読み応えのある記事になっている。私は見本紙を活用して4人の方に新たに読者になってもらいました。

あなたもぜひご購読ください。そしてお知り合いの方に広げてください。京都の出来事をわかりやすく記事にしてます。毎週お届けして値段は月極め617円とお手軽価格です。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月27日(水) 命と暮らしを守る市政へ府市民総行動

6月27日、自治体要求連絡会など実行委員会がよびかけた府市民総行動が京都市役所前で行われ、日本共産党京都市会議員団からも多数参加した。

 私が市会議員団を代表してがマイクをにぎり、18日に発生した地震の被害対策や罹災証明の発行を巡る区役所体制の不備、その前提にある事故直後の市長のパリ出張問題など京都市の危機管理意識の欠如を厳しく批判し、市民の安全・命と暮らしを守る市政への転換を呼びかけた。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月30日(金) キンカン行動6周年

福島原発事故を受けて、金曜日の夕方5時から関電京都支社包囲行動(キンカン行動)が始まり、正月もお盆も毎週休むことなく続けられて今日で6年目、314回を数える。雨の中、85人が参加。コールの後は関電包囲一周デモ。

朝から雨が降ったり、止んだり、晴れたりの繰り返していたが、キンカンが始まる直前から雨足がきつくなり、雨ガッパを羽織ってバイクで駆けつけている間にズボンもパンツも靴下もズブズブ、びしょ濡れ。

こうなるとがぜんファイトが掻き立てられる。マイクを握ってコールし、デモ隊でもコールした!
皮肉なことにデモが終わる頃には雨もあがり、夕空に映えるタワーホテルがきれいやった。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月26日(火) 近所でも危険なブロック塀が・・・

大阪北部地震から一週間が経った。ブロック塀の劣化が話題になっている。学校周辺の通学路だけではなく個人宅の塀も崩壊の危険性がある。

行きつけのお好み焼きのお店の近所の塀が危ないと連絡があった。わたしも以前から気になっていたので、思い切ってお宅を訪問して事情を伺った。

知り合いに工事してもらって築40年という。その当時から気になっていたが、手をつけることができなかった。今回の地震による高槻市の事故を聞いて、なんとかしなければと思っている、と胸の内を話していただいた。

そこで、京都市に民間の塀にも助成を求めていることを話すと、「ならば改修したい」との返事。工事業者も紹介することにした。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月23日(土) 関西広域連合議会全員協議会

23日、今年度最初の関西広域連合議会全員協議会が開かれ、7月1日の臨時会の運営などか確認された。

また、18日に発生した大阪北部地震の被害状況と関西広域連合の対応状況が報告された。とりわけ連合内の広域防災局の対応が焦点となっている。

大阪府からの要請を受けて、構成府県からのブルーシートの提供や罹災証明など家屋被害認定事務職員の派遣、ドクターヘリの出動などは広域連携ならではの支援だろう。

一方で、受援体制の立ち上げが遅くて府県を通じたらまどろっこしいと自治体どおしで直接交渉されている実情や、DMAT対応は厚生労働省を通じて府県に出動要請がされていることも明らかになった。臨時会でも議論になるだろう。

臨時会の一般質問には私も立つ。時間は8分。テーマは、民泊問題、原発とエネルギー問題、そして京丹後て大問題になっている米軍レーダー基地とドクターヘリ運行問題。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月21日(木) 国民平和行進が京都入り

21日、原水爆禁止国民平和大行進が京都入りし、山科のラクト前公園で滋賀県からの引き継ぎと京都府内行進の出発集会が開かれた。党市会議員団から北山副団長、堀議員、山本議員と一緒に参加した。安倍自公政権による理不尽な国会会期延長により、倉林参議院議員はじめ国会議員が参加できないため、日本共産党を代表して私が連帯あいさつをおこなった。被爆二世として、朝鮮半島の非核化と平和体制の確立に向けた南北首脳会談、米朝首脳会談の開催と合意を歓迎し、核兵器禁止条約に日本政府が調印して北東アジアの平和と安定に被爆国の政府としてイニシアチブを発揮するよう強く求めた。

国内通し行進者として参加している新庄さん(広島の大学4年生・私の隣で緑のシャツ着た女性)のあいさつが若々しくて新鮮。彼女の母親は学生の頃、私と一緒に地域で青年運動に汗をかいた仲間の一人であり、感無量だった。

祇園石段下で生協のピースパレードと合流し、約3時間歩いてゴールの市役所に着いたら4時を回っていた。まとめ集会が開かれ、行進参加者400人と発表され、京都市から政策総務課長が歓迎のあいさつ。

みなさん。暑いなかお疲れ様でした。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月18日(月) 大阪北部地震にびっくり

朝の地震びっくり

‼️朝宣伝を始めようとしたら突然地面が振動し始めた。一瞬でかいダンプカーでも通ったのかな、と周りを見てもそんなダンプは走っていない。と思った瞬間、グラグラっときた。空を見上げたら電線が波打ち、鳩やカラスがいっせいに飛び立った。
マイクを握ってまず、地震の報告をして余震への警戒を呼びかけて、この間の国内各地での地震の連続発生、地震列島日本に危険な原発はただちになくすべきと訴えた。

先ほど、市の防災危機管理室から現在の市内被害状況把握資料が理事あてに届いた。

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月17日(日) 父の日のプレゼントは孫の笑顔

17日、いわゆる父の日。特別なプレゼントはないが、家族と娘夫婦・さっちゃんと西院近くの居酒屋で食事会。

さっちゃんと会えたのが最高のプレゼントだ

(更新日:2018年07月18日)

2018年6月17日(日) 基地のない沖縄、日本、東アジアを!連帯京都集会

17日、昨日に続いて河原町に。円山公園音楽堂で「基地のない平和な沖縄、日本、東アジアを!京都集会」に参加。梅雨の合間の夏日の日差しのなか議員団から、山田議員、堀議員、玉本議員らと一緒に参加。

参院議員の伊波洋一さんは記念講演で、沖縄基地、辺野古、高江での日本政府と米軍による理不尽な沖縄支配の様子をリアルに告発。その上で南北会談・米朝会談による米軍基地撤去の展望を力強く語った。

辺野古で座り込みに参加しながら、歌声で闘いを支援する炎の歌姫・川口真由美さんのコンサートで会場のボルテージは最高に‼️やっぱり闘いの歌は心を揺さぶられる。なお、ギター伴奏は昔一緒に活動した角さん、ピアニカと電子ピアノ伴奏は大学サークル後輩で駒ヶ根でご一緒した久保ひろきさん。

集会に続いて四条通りを市役所までデモでアピール。

(更新日:2018年06月18日)

Page 10 of 113« First...89101112203040...Last »