活動日誌・お知らせ

2015年3月23日(月) やりました本番リハーサル

23日、本番リハーサルを行った。

本番リハーサルとは、本番並みに朝8時から夜8時までアナウンサー配置してスケジュールを組んで宣伝をおこなうもの。

朝は浜田カーとドッキングして北大路タウン前で朝立ち。浜田府議、玉本市議と3人で朝宣伝。後援会のみなさんと並んで訴えると車から手を振っての反応は抜群。

午前中は分刻みにポイント決めて13か所で街頭演説。通りがかりの女性が「ずっと共産党に投票しています。頑張ってください」と激励あり、商店街の演説には、青年が自転車を停めてずっと聞いてくれて、声をかけると「前から共産党を支持してきた。一度生の話を聞きたかった。選挙では共産党に入れます」との話。

午後からは学区をリレーして15か所で宣伝。夕方からは宣伝カーをライトアップして訴えた。

宣伝カーでアナウンサーが訴え、私が手を振りながら沿道の人に声をかけると笑顔で反応が返ってくる。まさに本番並みの雰囲気。スタッフも元気になった。

(更新日:2015年03月23日)

2015年3月22日(日) 選挙事務所にぜひ来てください

浜田府議と合同の選挙事務所の模様替え。事務所スタッフにお願いしてソファを入れてしつらえ。これで雰囲気もすっかり一変。

どうぞお気軽に来てください。差し入れ、炊き出し大歓迎です。

アナウンサー、手振りのボランティアも募集中。短時間でも構いませんのでよろしくお願いしますo(^_^)o

(更新日:2015年03月23日)

2015年3月22日(日) 今年一番の小春日和、宣伝日和

今日は絶好の宣伝日和。

朝定例の事務所ミーティングを終え、こくた恵二国会対策委員長の応援を受けて三カ所で街頭演説。

白梅町交差点では、京建労北支部の宣伝行動とたまたまドッキングになり、お願いして快く時間を譲ってもらって演説。拍手と声援までいただいた。ありがとうございました(^ ^)

次の二カ所も地域後援会のみなさんが大勢集まっていただいて、元気に訴えることができた。感謝、感謝。

昼休憩は事務所近所の商店街にある中華料理店で昼食。お店の方から「頑張ってや」と温かい激励。

それを力に、午後は地域後援会の「府市会議員になんでも言おう、聞こうつどい」に浜田府議と参加。

保育士さんから保育新制度実施によ
る実態、生活と健康を守る会から生活保護の実態、元教員から教育現場の実態のリアルな告発があり、私と浜田府議が府政・市政で起きている状況と共産党の論戦と運動の成果を報告。

さらに、18歳選挙権法案への共産党の考え方、マイナンバー制度の狙い、など質問が出され意見交換。

途中で、私が関わった地域要求の成果も紹介され、なんとしても勝ち抜いて第一党を実現して市民の暮らしを守ろうと訴えた。

意見交換して「よく分かった。この話を回りに広げてがんばる」との声も出され、いいつどいになった。

夜は、北区体育振興会会長の大臣表彰記念祝賀会に出席して懇談。懐かしい中村安朗元市議にも会えて嬉しかった。

(更新日:2015年03月23日)

2015年3月21日(土) 大門みきし参議院議員のお披露目宣伝

来年夏は参議院議員選挙。京都が担当する比例候補(予定)が、おなじみの市田忠義さんが次の選挙で勇退しはるので、大門みきし参議院議員に交代。

大門さんは、生まれが紫野雲林院町44番地。大徳寺を庭にして遊び、幼年期を過ごしたという。

その大門さんのお披露目兼ねた街頭演説会を、近所の北大路大宮で開催。私や、玉本市議、浜田府議も紹介され、決意を表明した。

議会も昨日で閉会し、いよいよ選挙モード全開でがんばります\(^o^)/

ちなみに宣伝車で走っていると早咲きの桜が開花してる(^_−)−☆

(更新日:2015年03月23日)

2015年3月20日(金) 今期最後の2月市会が閉会。いよいよ選挙戦へ

今期最後の2月市会が、本日終了。
今年度から通年議会になっているので、文字通りの閉会に。

閉会本会議では各会派入り乱れ(?)て16人が討論。共産党からは8人が討論に立った。

私も一般会計予算関連議案の討論をおこなった。その内容は市会議員団のホームページに全文を掲載してるのでぜひみてくださいませ。

本会議のあとは、議運理事懇、市会改革推進委員会に出席し、今期で勇退する岩橋議員と宮田議員の激励と4月の選挙を闘う団結会に。

そのあとは、休む間もなく建労分会総会におじゃまして浜田府議とあいさつさせていただいた。

(更新日:2015年03月21日)

2015年3月15日(日) 熱気いっぱいの府市会報告演説会

いっせい選挙に向け議会報告会を衣笠小学校で開き、190人の参加で熱気あふれる報告会になった。候補者を紹介し、持ち上げていただいた弁士の話がよかった。

浜田府議の大家さんは、浜田さんの人柄を素朴さをユーモアたっぷりに話され、井上吉郎さんは市のゆがんだ同和行政に対し市長候補として対峙し、「議会では井坂市議がゆがみを正す先頭になり劇的に是正された。以来、井坂さんを信頼している」と推薦の言葉を述べていただいた。

守田敏也さんも、脱原発と再稼働反対の闘いの勝利の展望を語り、「そのためにも選挙で共産党が伸びること」と語り、「被爆2世の井坂さんこそうってつけの人」と持ち上げていただき、嬉しかった。

倉林参議院議員の国会報告はいつものように、リアルで切れ味鋭く、共産党の議席を増やしてよかった、と実感できるものだった。

参加者からも、よかったとの感想が多くあり、募金も50人近くから3万4千円寄せられた。ありがとうございました。

(更新日:2015年03月21日)

2015年3月14日(土) 井坂ファンクラブのつどい

井坂ファンクラブと地域支部共催のつどいを開催。

地域でカラールーペ販売を起業したTさんは、儲かっている大企業への補助金が政治献金に使われていることを批判し、みずからの努力を紹介し、中小企業への支援を訴えられた。

紫野セレマ葬儀場建設問題対策協議会のTさんは、住民合意を無視するセレマを告発し、私が行政との話し合いのパイプ役になり、住民目線で請願採択に協力してくれた、と紹介していただいた。

沖縄・辺野古の闘いと連帯するYさんは、沖縄の人びとの闘う姿を紹介し、真の敵にむけ不屈に闘い勝利する展望を語ってくれた。

それを受けて浜田府議と私が選挙に勝利する決意を表明。

最後にファンクラブの魚善大将が選挙を闘う募金を訴えて、参加者から1万6500万円のカンパをいただいた。

ありがとうございましたm(._.)

つどいの後、会場を移して知り合いのカフェで開かれている福島県飯館村の写真展と映画会に参加。改めて、4年が経つのになにも変わっていない。それどころか30年、50年経っても帰るめども立っていない。

酪農家長谷川健一さんの写真と話が胸をらうつ。

(更新日:2015年03月20日)

2015年3月13日(金) 市長総括質疑で明らかになったこと

2月市会も大詰め、予算委員会の市長総括質疑が12日と13日開かれ、私も議員団を代表して質問に。

代表というからには議員団会議で集団検討して質問にたった。

市長に、京プラン実施計画が持続可能な行財政の確立を掲げる一方で、市民生活が大変で継続できなくなっている事実を示して、市長の認識をただしたが、市長は市民が景気回復を実感できてないことを認めつつ、京プラン実施計画に固執し、継続する意向を示しました。

また、ムダを削り暮らしの予算にますことを求め、南部クリーンセンター第二工場に二億五千万円かけてつくる予定の展望台、五百万円のリニア京都駅誘致予算の撤回を求めた。

市長は、展望台はゴミ減量につながる。リニアは京都と日本ね未来に必要、とまともな根拠む示さず強調するだけだった。

さぁ、閉会本会議までがんばろう。

(更新日:2015年03月20日)

2015年3月11日(水) 東日本大震災、福島原発事故から4周年のメモリアル

今日は東日本大震災と福島原発事故から4年目のメモリアル。

市役所ではいっせいに放送を流して黙祷。前の広場では市民が「花は咲く」を歌っている。

夕方には、北上原発ゼロネットの街頭宣伝とデモ行進が行なわれた。

寒さを吹き飛ばすコールが夜空に響きわたった。

(更新日:2015年03月11日)

2015年3月10日(火) 高浜原発再稼働はんたーい

高浜原発再稼働は許さない、原発ゼロめざし街頭演説が府庁東門前で開かれ、蔵田市議、河合市議と参加。

時折り粉雪混じりの強い風が吹くなかでも、弁士の訴えに「そうだ。がんばろー」と声がかかっていた。

(更新日:2015年03月11日)