活動日誌・お知らせ

9月15日:舞妓はレディ

夕方のKBS京都で「舞妓はレディ」のPR番組を放送していた。上七軒のお茶屋さんを会場に、 花街の歴史やルールをインタビュー形式で紹介していた。 なんとはなしに見ていると、インタビューに答えているのは衣笠学区にお住まいのYさんではないか! 西陣の仕事をされ、お宅にお邪魔して話をしたことがあるが、いつも上品な方だと思っていた。 洒落た着物を着こなし、そつなくお話されている姿を見ると貫禄十分。とうとう最後まで見てしまった。

(更新日:2014年09月17日)

9月14日:稲刈り交流会に参加

この秋一番の秋晴れの下、新婦人と産直生産者の稲刈り交流会に、友人と一緒にお手伝いさんで参加。山科の山本陽子さんも一緒だった。

産直の食材をふんだんに使った美味しい料理に舌鼓をうちながらいっぱい交流し、リフレッシュできた。

その中、八月の豪雨被害をうけた京北や福知山の方から、その後の様子と対策の話も聞かせてもらった。

メインの稲刈りで親子で協力してがんばる姿に新婦人の魅力を実感し、元議員が農民組合でがんばる姿に励まされ、「また京都まつりで会いましょう」とエール交換して別れた。

(更新日:2014年09月14日)

9月13日:ついにあのポスターが登場

ついに完成!残暑が厳しいなか、貼り出し完了\(^o^)/

店の場所は今宮神社門前通りの北大路角、私の住むマンションの斜めにある交差点。むっちゃ目立ってます(⌒▽⌒)

スタッフの方と大将に感謝、感謝。

ぜひ見に来て、お店にも寄ってください。

(更新日:2014年09月13日)

9月12日:党議員団の市政報告懇談会で報告

市会議員団の市政報告懇談会に会場いっぱいの参加ありがとうございました。
山中団長のあいさつに続いて私が九月市会の課題と議員団の論戦について報告。決算を数字だけでなく市政の課題を政治的にどう見るのか、京プランの事例を紹介しながら話しました。
参加者からそれにかみ合った貴重な意見や提案をいただき、議員団からも発言し意見交換しました。出された意見や 懇談した内容を論戦に活かして頑張 ります。

報告の内容をブログと議員団の動画で紹介していますので、そちらもご覧ください。

(更新日:2014年09月13日)

9月9日 市会くらし環境委員会とスーパームーン

>市会くらし環境委員会が朝10時から開かれ、議事すべてが終了したのは夕方5時。

委員会の冒頭はまたまた環境政策局南部クリーンセンター職員による器物損壊で逮捕された不祥事に関して理事者の陳謝から始まった。

環境政策局では春にも飲酒運転で職員が逮捕されたばかり。いわゆる「公務外非行」と呼ばれる勤務外の不祥事だが、いったい公務員としての自覚はどうなっているのか。厳しく指摘して不祥事の根絶を強く求めた。

また、ごみ減量の推進へ分別収集をすすめる市民の協力を「義務」化して違反すればごみ袋の開封し氏名を特定して指導をおこなう、という審議会答申案が報告された。「1日でどれだけ分別してないゴミがあるのか」と質すと、「市内収集ポイント25,000か所の中で1日46袋」という。この実態があるにも関わらず、あたかも多くの市民が協力していないかのように世論誘導し、分別の「義務」を強要する局の方針は市民を信頼しないものだ。方針の見直しを求めた。

他にも、焼却灰溶融施設建設の工事契約解除と損害賠償請求に対する住友重機の反訴について、局のごみ処理業務民間委託推進方針に対する職員組合の批判ビラを「参考資料」と称して局が議員に配布した前代未聞の行為について質問。

文化市民局では、京都市への合併10年が経過する京北地域の活性化方針に関して、現在読了勉強中の「里山資本主義」を引用して、「過疎とか高齢化とか嘆くのではなく、逆転の発想で住民の力に依拠してまちづくりを進める」よう求めた。

委員長以下、委員のみなさん、そして理事者のみなさんお疲れ様でした。

夜は、昨日に続いて月がきれいです。「スーパームーン」と言うのですか。あいにく雲が少しかかっていますがきれいな満月でした。

(更新日:2014年09月10日)

9月8日:中秋の名月 党後援会で観月会

今日は中秋の名月。昨年から北区の共産党後援会で月見をしている。会場は鴨川北大路橋の河川敷と植物園。

今年は橋の西詰の河川敷に6時集合。ブルーシートを敷いて、持ち寄りの弁当やつまみを広げてすでに月見ムード。しばらくすると夕焼け空に満月が顔をだして、ビールが届くとムードはますます高まっていく。

元教員の方がアコーデオンを弾き、みんなで昔の懐かしい唱歌や歌声ソングを合唱。7時にはいったん解散して、希望者は本日入園料無料の植物園に移動して観月会の続きを。私は明日の委員会の質問準備があって失礼し、家族といっしょに近所のラーメン屋でラーメン月見を。

(更新日:2014年09月09日)

9月7日:好天のなか京建労北支部まつり

今年で27回目を迎える北支部の建労まつり。その中には台風で警報が出た時や、何者かに前日設営したテントを燃やされたり、いろんなアクシデントがありましたが、がんばって成功させてきたもの。

今年も府市会議員そろって、倉林明子参議院議員、こくた恵二秘書の吉田さゆみさん、建労本部や友好団体のみなさんと一緒に参加。

前日までの雨もすっかり上がり、夏が戻った感じの好天。足元もべたつかず適当な湿り気で抜群のコンデション。各分会の得意の出店のつまみとビールを片手に、組合員のみなさんと歓談。いろんな情報をもらい、励ましを受けた。ホンマに元気の出る組合だ。

(更新日:2014年09月09日)

9月6日:大将軍地域で集団的自衛権行使に抗議する住民パレード

大将軍地域の共産党支部や、新婦人、憲法九条を守る会、などが呼びかけて安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、撤回を求める住民パレードを開催。7月の閣議決定直後に続き、内閣改造してさらに前へ進めようとする動きが強まる中で二回目を取り組んだ。

独自の宣伝グッズに、マイ原稿を用意し、みんなで順番にマイクデビュー!! みなさんとってもイキイキとして輝いていました。

(更新日:2014年09月09日)

9月5日:議員団の市内視察ー百聞は一見にしかず

14名の議員団(蔵田市議は公務で欠席)と予定候補者とで市政の重要課題となっている施設を見学、調査へ。

行先は、京都会館建て替え工事中の岡崎周辺、山科醍醐の焼却灰埋立地、展望台など第二工場建設予定の南部クリーンセンター、キリンビール跡地に完成間近の商業施設、山ノ内配水施設の跡地利用計画。

「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、頭と資料を読んでわかっているつもりでも現場に行くとリアルに理解できる。しかも当局の説明だけではなく、議員で分担して資料も作り現場で報告すると勉強にもなる。

昼食を食べた伏見のカッパカントリーで、地元経済に貢献すべく地酒ハイボールのセットを購入。その晩の晩酌ですべてお腹に入った。

写真は、南部クリーンセンターの第二工場建設予定地。右端の鉄塔の高さとほぼ同じ80メートルの「展望台」が立つ計画。経費は4億円。建設費は有料ごみ袋代の収益を充てるもの。袋代で収益があるのなら、展望台ではなく袋代の値下げに使うべきだ。

(更新日:2014年09月09日)

デカっ!斬新なポスター

デザイン関係の仕事をしている友人が、私のファンクラブの居酒屋の大将と意気投合してポスターを作ってくれた。

政治も魚も目利きが大事と、考えたコピーは「オレが選んだ。まちがいない!」。なかなかグッドなコピーだ。

店の外壁に1・5メートル×3メートルの大きさ。ほんまにデカい!

公選法も屋外広告物条例もクリアしている。週明けには貼り出す予定。店の場所は今宮神社の大鳥居のそばにある。

(更新日:2014年09月05日)

Page 110 of 111« First...102030107108109110111