活動日誌・お知らせ

2018年9月2日(日)京建労まつり、大盛況

2日、京建労北支部恒例の建労まつりが開かれた。
台風の狭間の暑い

(更新日:2018年09月11日)

2018年8月27日(月)~29日(水) 市会運営委員会の他都市調査

京都市会議運の他都市視察で、27日函館市に来ている。視察を終え、食事を済ませてホテルに戻り、パソコンに向かっている。視察から帰ってその日にある会議で検討する原稿を書き上げた。

調査内容は、定例会運営・本会議質問の工夫、委員会(与決算、常任)運営のあり方、議会請願や傍聴のしくみ、議会広報の努力、など。調査都市は、中核市の函館市、政令市の仙台市、県議会から東京都。

函館市議会の全議員にアイパッド端末を支給した議会のペーパーレス化、仙台市議会での政党機関紙の本会議写真撮影許可、東京都議会の会派幹事長によるテレビ討論番組、など都市の特性や地域性、人口規模の違いによって様々な運営の仕方、工夫がこらされており、多いに参考になった。ケース・バイ・ケースで京都市会に活かせるものを活かしたい 。

仙台市議会の視察のあとホテルに戻り、故郷の仙台にUターンし頑張っている加藤くんと会って活動の交流できてよかった

(更新日:2018年09月11日)

2018年8月26日(日)楽しい後援会日帰り旅行会

26日、日本共産党の北区後援会の日帰り旅行。行き先は高野山奥の院参拝、有田のぶどう狩り。ぶどう一房のお土産付きだが、今回は温泉♨️無しなのが残念。

バスの車中では、楽しいクイズが終わり、党創立記念講演会のダイジェストビデオが始まった。

高野山に着き昼ごはん。予想通り精進料理、特に高野山で作った胡麻豆腐が最高!さっそくお土産に購入した。

高野山奥の院に参拝。高野山は真言宗の総本山だが他宗や外国籍の墓もあるという懐の深さが素晴らしい!参加者には足の不自由な方もあり、参加した小学生の子が車椅子をずっと押してくれてとても嬉しかった。私もお手伝いをさせてもらい、喜んでいただいた。

その後、有田まで移動してぶどう狩りの行程だったが、途中でバスと道路にアクシデントがあり、ぶどう狩りは断念、残念代車のバスが来るまで待機させてもらったお寺の名前が、なんと極楽寺!まさに「地獄に仏」だ

めったにできない経験をして帰りは無事京都にたどり着いた。後援会事務局のみなさん、添乗員さんありがとうございました。

(更新日:2018年09月11日)

2018年8月22日(水)綾部市議選で吉崎候補の応援に

猛暑がぶり返した22日。出会う人との挨拶も「盆と送り火を過ぎたら涼しくなったと思ったら、やっぱりぶり返しましたねー」と一気にトーンダウン。

そんななか、夕方から綾部の市会議員選挙の吉崎候補の応援に。事務所についてさっそくハンドマイクを担いで街頭に。途中で井上参院議員と吉崎さんの街頭演説に合流。

吉崎さんは街頭から事務所に帰って炊き出しをパクパク食べて元気いっぱいに個人演説会へ。日常活動で日焼けしている上に選挙の中でさらに真っ黒。市民の暮らし、医療と福祉、防災と農業、原発ゼロ、の四つの公約を力強く語る。娘さんが初めて議員・父親としての吉崎さんを語りグッときた。
私も応援弁士として吉崎さんの「人の痛みをわが事とする」姿勢こそ共産党員としての真骨頂であり、安倍政治と正面から闘う日本共産党への支持を心から訴えた。

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月21日(火)吉祥院グラウンドが全面人工芝生化、クラブハウスに温水シャワー

21日、市会文化環境委員会の実地視察。西京極陸上競技場と吉祥院運動公園を視察した。

西京極陸上競技場は2021年の「ワールドマスターズゲームズ関西」の開催会場になるのを見据えて、トイレの改修が進みられている。私も毎年高校駅伝の際に利用しており、気になっていたが、ずいぶん綺麗になり洋式化も進みいろいろ工夫されている。

特筆すべきは吉祥院公園グラウンドの全面人工芝化、クラブハウス改築と温水シャワーの設置。
以前は土グラウンドで雨が降ると水たまりができて、試合するとユニフォームの色が茶色に染まるほど。温水シャワーは半日ごとの予約制で料金も高く、冬場の試合のあとでもクラブハウスの外にある水道で足や頭を洗い、身体を拭いていた。
私はラグビーファン

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月19日(日)沖縄連帯、安倍政治を終わらせよう。集会とデモ

19日の月例集会とデモ、日曜日なので早めの4時半から集会が始まり、5時にはデモを出発。参加者は450人。今月は故翁長沖縄県知事の遺志を継いで辺野古への米軍基地移設阻止をメインに河原町通りを「終わらせよう安倍政治」とコールした。先月と比べてずいぶん涼しくなって爽やかだった。
 参加している富樫前議員と一緒にガンバロウ写真。来年はこの「前」をとっぱらう決意。

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月18日(土)さっちゃん、2歳の誕生日

孫のさっちゃんが2歳になり、18日の土曜日にお祝いをした。政治的には、15日という日本の敗戦記念日に生まれた命と平和を守ることを決意している。

と言っても、じじバカには可愛いものは可愛いのだ

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月18日(土)福島写真展「叫びと囁き」、映画「おだやかな革命」

3・11以降の福島を7年間撮り続けている豊田直己さんの写真展がギャラリー龍で開かれている。
テーマは「叫びと囁き」、妻を誘って見に行った。写真集も販売されている。

龍さんは環境問題にも取り組み、この度ストローをプラスチックから紙に替えたという。

龍さんの写真展のあと、出町商店街にある出町座で上映されているドキュメンタリー映画「おだやかな革命」を観にいった。

テーマは、福島原発事故以降の再生可能エネルギーの取り組みを紹介した〜これからの暮らしを巡る物語〜。

福島会津・飯館村で設立された太陽光発電による地域の電力会社と生活クラブ生協のみなさんの交流。…
岐阜県郡上市の石徹白地区の小水力発電を中心にした産業と村興し。
岡山県西粟倉村での地域産材を活用した循環型経済とバイオマス熱利用。

共通しているのは、「原発に頼らない自然エネルギーの活用」にこだわるキーパーソンの存在と、地域と住民を主人公にした地域興しである。もちろん、映画では触れられていないが、大手企業によるメガソーラー計画による環境破壊など問題点がないわけでもない。

この実践に「エネルギー問題と産業政策の両立の可能性と希望」が示されている。京都でもできるし、市議会論戦でも取り上げたい。

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月16日(木)五平餅について考えた

五平餅について。

広島から帰る途中で、福島から三木市に避難されている菅野さんに誘われてお宅にお邪魔した。海鮮バーベキューと五平餅をいただいた。菅野さんの実家は岐阜県。

朝の連ドラで仙吉さんが亡くなる前に鈴愛に五平餅作りの極意を伝授する。餅のこね方、クルミをすり潰す時の止めるタイミング、など。

その話をすると、「その通りや」「たれにもそれぞれの家庭の味がある」と言いながら、惜しげもなく秘伝のたれの作り方を教えてもらった。「無農薬やからそのままたべていいよ」と言われ、泊まりに来ているお孫さんが畑から取ってきてくれた大葉で巻いて食べるととっても美味い。

郷土料理の真髄にふれ、美味しい料理もいただいて、楽しいひと時を過ごせてよかった。ありがとうございました。

京都に帰り、夜はマンション最上階の廊下から大文字送り火を堪能した。

(更新日:2018年08月24日)

2018年8月15日(水)敗戦記念日、一日中ゴロゴロ、高校野球

敗戦記念日、広島は朝から雨模様。農作業を断念して、とくに何をするでもなく、高校野球を見ながら、昼寝したり、家の中でダラダラと過ごした。久しぶりの身体を休ませることとした。

しかし、働き者の妻は周りの石垣のコケと雑草引きに一日中汗を流してる

(更新日:2018年08月24日)

Page 2 of 10912345102030...Last »