活動日誌・お知らせ

2019年4月9日(火) 自衛隊への名簿提供の強行に抗議

4月8日、市会議員選挙が終わるのを待っていたかのように、京都市は若者の宛名シールを渡しました。市会議員団は抗議する幹事長談話を発表しました。ご覧くださいませ。

【幹事長談話】京都市による自衛隊への若者の名簿提供について

2019年4月9日

日本共産党京都市会議員団

幹事長 井坂博文

一、4月8日、京都市が自衛隊京都地方協力本部へ、2019年度に18歳・22歳になる市民2万6601人分の個人情報(住所・氏名)を宛名シールで提供しました。自らの個人情報が提供される若者、市民有志、弁護士団体、教育関係者、労働組合など、さまざまな個人・団体が反対するなか、京都市が自衛隊への若者の名簿提供を強行したことは断じて許されません。日本共産党京都市会議員団は、京都市の暴挙に強く抗議するとともに、引き続き名簿提供方針撤回を求めます。

一、現在の自衛隊は、安倍政権の安保法制強行によって海外で武力行使を伴う任務を負っており、3月13日の市長総括質疑で副市長が「ゼロであるとは思わない」と答弁したように、京都市の協力で自衛隊へ入隊した若者が、海外の戦闘地域へ送られ命の危険にさらされるおそれもあります。

 京都市は「戦争協力事務は行わない」とうたわれている1983年の市会決議「非核・平和都市宣言」の立場に立ち、自衛隊への若者の名簿提供は中止すべきです。

一、福岡市では「市の個人情報保護条例に抵触する」「市条例では『法の定めがあれば個人情報を提供できる』が、自衛隊法施行令は具体性に欠け、定めとは言えない」と説明し、宇治市では「住民基本台帳法には閲覧の規定しかなく、市の個人情報保護条例に基づいても提供はできない」としています。

このような判断・対応をしている自治体があるように、京都市の「法の定めがあれば個人情報を提供できる」との主張は、法的根拠が欠けるものと言わざるをえません。若者本人の同意なしに自衛隊へ名簿を提供することは、憲法13条で保障された「個人の尊厳」「人格権」「プライバシー権」の侵害であり、今すぐ中止すべきです。

一、京都市はこれまで「個人情報の利用停止請求が行われた場合は・・・自衛隊へ提供する宛名シールから除外する」とホームページ上(2月20日付)で発表していました。にもかかわらず、提供の具体的時期を全く明らかにせず、対象となる若者への意思確認も行わないまま、一方的に名簿提供を強行したことは、市民との信頼関係も大きく壊すものであり、断じて許されません。

(更新日:2019年05月15日)

2019年4月9日(火) 選挙結果を見て入党の申し込みが…

選挙戦の興奮も冷めやらないうちにうれしい話が。

 昨日、選挙結果報告宣伝を三人で始めようとしていると携帯に電話がかかってきた。電話の主は、大学ゼミの同窓生。年賀状を交わすくらいで久しく会っていなかったが、電話で「当選おめでとう。京都の学校教員をやめてあちこちを回り、今は東京にいる。ふとしたことで地域の共産党の議員と知り合いになった。その人から入党を勧められている。今京都に向かってるのだが、井坂と話して入党の推薦人になってほしい」との話。びっくりしながら今日の昼間に落ち合って、食事しながら話をすることになった。

 そこで今日の昼間に、市役所近所のホテルで待ち合わせた。教員をやめてからの苦労している話を聞きながら、京都時代の教育委員会、今の安倍政治に対する怒りが次々と出され、共産党への熱い期待の思いを聞かせてもらった。…
 そのうえで四つの約束を説明し、入党申し込み用紙に記入してもらい、推進人の欄にサインをして渡した。手続きは今住んでいる東京の地域でお願いすることにした。

 私の当選を祝って、その機会に入党を決意してもらったことがうれしくて、固く握手して別れた。

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月8日(月) 選挙結果を受けて…

8日、選挙結果を受けて翌日の朝恒例の北大路駅前宣伝。三人そろってマイクを握り、結果の報告とご支援のお礼を訴えた。通り過ぎる車からけっこ手を振っての声援があり気持ち良い(^^♪

そのまま、嵐電白梅町駅前の無言宣伝に浜田府議と一緒にサプライズ合流。一言レクチャーで、駅舎の改修実現を紹介しながら「市民の声と運動が市政を動かす」とお礼を述べた。

その後、お世話になった団体にあいさつ回り。どこでも歓迎され「よかったね」と激励を受けて、「後半戦と参院選に向けてがんばります」とエール交換。

自宅に戻り小休憩して、夜の三カ所の報告集会へ。府後援会の報告会では、昨年府知事選挙の際に始まった「共産党と市民の共同」が発展した経験が生き生きと報告された。とりわけ、あかたさんと守田さん話は、今回の選挙の総括と次の選挙へ大いに参考になる示唆に富んだ話だった。府会当選者を代表した西山さん、市会を代表した富樫さん、の話も感動ものだった。

遅れて参加した北区後援会報告会では一言ずつお礼を述べて花束をいただいて万歳。そして最後は柏野地域の報告会に行って、ビールをお土産にもらって帰り、晩酌してお休みなさい。

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月7日(月) 北区府会市会3人全員当選

選挙結果が出ました。玉本さんが2位、私は議席順位は1つ上げて3位になりましたが、得票数は減らす結果となり、玉本さんと合わせて自民党を上回る目標は達成できませんでした。

だけど、北区の府会・市会の議席では自民党を上回ることができました!選挙戦は、党と後援会のみなさんと市民運動やファンクラブのみなさんの大奮闘で、とても明るく楽しい選挙ができて、気持ちよく走りきることができました。

みなさん、本当にありがとうございました

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月7日(月) 北区府会・市会3人全員当選!!

選挙結果が出ました。玉本さんが2位、私は議席順位は1つ上げて3位になりましたが、得票数は減らす結果となり、玉本さんと合わせて自民党を上回る目標は達成できませんでした

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月6日(土) 選挙戦最終日、心を込めて訴えました

選挙戦最終日、昼と夕方の食事タイム以外、ラッピング随行車をつけた候補者カーとハンドマイク練り歩きで終日訴えましたー。

ある地域でポイント街宣していると、学生さんがじっと話を聞いてくれて、終わって証紙ビラを渡して対話すると「井坂さんて被爆二世だったんですか!私は福島出身で原発は絶対反対です。井坂さんに入れます。頑張ってください」と力強く握手。元気をもらいました

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月4日(木)最後の個人演説会、ホタル宣伝へ

選挙戦7日目、夜は選挙戦最後の個人演説会と初めてのお帰りホタル宣伝。

演説会では、フリージャーナリスト守田敏也さんが応援弁士に来ていただいた。原発の危険性の話には会場からどよめきが起こっていた。また候補者紹介はさすが。特に先日のインタビュー(守田ブログ「明日に向けて」参照)をまとめて私の人となりを紹介されたが、穴があったら入りたいくらい恐縮した。

他にも京建労の吉田さん、若宮修さんの話も心がこもっていた。みなさんに乗せられて気持ちよく話ができた!

演説会が終わり、ひと休みして北大路駅でお迎えホタル宣伝。候補者カーの蛍光灯をつけて浜田府会候補やスタッフのみなさんと支持訴えし「投票に行こう」と呼びかけた。

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月3日(水) ハンドマイクで路地裏を回るとドラマがある!

選挙戦6日目、ほぼ大通り、中通りの宣伝カーで入る地域は昨日までで回ったので、今日から車が入られない路地をハンドマイクで回った。これがなかなかの優れもの。声が届かない地域に訴えられるのと、歩きながら対話ができる(^_-)-☆

今日は、地元の紫野地域、柏野地域、待鳳地域をアナウンサーの方と回った。かどかどで訴えていると声を聞きつけて家から出てきていただいた。その中にドラマがあった。

紫野小学校の個人演説会に初めて参加していただいた工務店の社長が奥さんと聞いてくれて、「孫の件で役所から訪ねてきてくれて、要望していた返事をもらえた 。井坂さんに相談してよかった」と喜んでくれた。役所の素早い対応に感謝しながら解決のめどがついてうれしかった。

そしたら、移動して次のポイントでアナウンスしていると今まで反応のなかったお宅から若い女性が出てきて「先日相談した孫の親です。ほんとにお世話になりました。井坂さんに入れてきました」と言われてびっくり。社長から紫野に住んでいるとは聞いていたが、まさか会えるとは思っていなかったし、支持をしていただいたことに嬉しかった。
そのまま、近所の知り合いのお宅の前で話が弾み、まちかどつどいになった。

他の地域でも「昨年相談した水道の水圧の件ではお世話になりました。応援しています」と話しかけられた。

車では通り過ぎてしまうところが、歩いて訴えていると反応が手に取るようにわかるし、元気になる。一緒に歩いたアナウンサーのかたも「すごい」と感激。明日も同じように歩こう(^^♪

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月2日(火) 北区で街の顔である老舗が次々に廃業

挙戦4日目、ショックな話も

(更新日:2019年05月08日)

2019年4月1日(月) アナウンサーからうれしい言葉

選挙戦4日目、嬉しい話を紹介します‼️

おととい、久しぶりに連絡したTさんが、昨日からアナウンサーに来てくれました。その時は「仕事が忙しいから一回だけ」と言っていましたが、今日も来てくれました。

アナウンサーしながら私の演説に拍手して「感動した」と言ってくれました。予定時間を終えて事務所に帰って感想を聞くと、次のようなコメント。

「アナウンサーのスポットを読んで、井坂さんの話を聞いて、国保料引き下げが可能なこと、宛名シールの話や観光公害の背景にあるものがよくわかった」
「母が敬老乗車証を使っているけど、今の制度を共産党が6年間守ってくれていることを初めて知って感動した」
「昨日の演説会に行けなかったけど、候補者カーに一緒に乗っているのが私にとって個人演説会やわ」
「忙しいけどアナウンサーに来てよかった。また来るわ」
「もともとファンクラブの会員やけど、今日の話を聞いて本当のファンになった」

恥ずかしくなるくらいのお褒めの言葉に恐縮しながら、一回一回の演説を疎かにしてはならないこと、聞いている人が感動してもらえるような演説に努力すること、私たちは常識のごとく知っているが市民的には知られていないことを痛感。寒い日が続き身体はしんどいが、それが吹っ飛ぶ嬉しい言葉でした。

お礼を言いながら、赤旗日曜版をプレゼントして読んでもらうようお願いしました。

(更新日:2019年05月08日)

Page 4 of 123« First...23456102030...Last »